基礎 / テストライティング / 文章力向上 / SEO 【masablogはキーワード検索がおすすめ】→
【なんちゃってWEBライター向け】現役SEOライターの講座・添削を受けて、文字単価5円以上のWebライターになりたい人はこちら!

文章力を向上させる簡単な方法とは?読みやすい文章に共通する特徴を紹介

文章力を向上させるたった1つの答えは「文章の書き方を知ること」です。

文章作成が苦手という方の多くは、文章作成能力が無いのではなく、書き方を知らない不安から「苦手」と決めつけています。

人は誰しも未知のものに対して怖がるものです。それは文章作成においても同じといえます。

では改めて「文章力とは何か」から確認していきましょう。

文章力とは?

文章力とは「読みやすい文章を書く力」のことです。とてもシンプルな説明ではありますが、これに尽きます。

SNSやブログで誰もが文章を書く時代に求められる文章力とは「大勢の人が読みやすい文章」なのです。

作家が小説の中で書くような文章力を求める必要はありません。文章力を向上させる方法はとてもハードルが低いものだと覚えておきましょう。

読みやすい文章に共通する特徴

読みやすい文章には、以下の共通点があります。

  • 一文が短い
  • 結論が先になっている
  • 曖昧な表現がない(少ない)
  • 主語と述語が近い
  • 接続詞を適宜使用している
  • 句読点を適切に使用している
  • 改行を入れている

端的にいうならば、この7つのポイントがおさえられているだけで、文章力は飛躍的に向上します。

改めて自分が書いた文章を見直し、いくつ当てはまるかをチェックすることで、「自分の文章には何が足りないのか」を把握することができます。

どんな取り組みでも同じではありますが、現状課題の把握が出発点となるのです。

今すぐに文章力を向上させる4つの方法

先ほど述べた「読みやすい文章」から要素を取り出すことによって、文章力を今すぐに向上させることができます。

具体的な方法は以下の4つです。

  • 一文を短く書く
  • 結論ファーストで書く
  • 客観的な文章で言い切る
  • 改行を入れる

一文を短く書く

まずは、自分が書いた文章が長過ぎないかをチェックしましょう。

一文は長くても30字程度でおさえ、情報が重複しないように注意する必要があります。

なぜなら、情報量の多い文章は何が最も重要なのかが分かりづらく、後半を読むにつれて前半部分を忘れてしまうからです。

以下の文章を読んでみましょう。

「読みやすい文章とは一文が短く書かれており、情報が少なく、結論が先に書かれていることや、客観的に文章が書かれていることが必須で、かつ改行が・・・」

この文章は決して読みやすい文章とはいえません。

「読みやすい文章とは、一文が短い文章です」と簡潔に書いた方が「一文が短いと文章は読みやすくなるんだな」と素直に理解することができます。

結論ファーストで書く

「読みやすい文章とは?」という問いに対しては「一文が短い文章です」と答えるのがベストです。

そのあとに「なぜなら、~だからです」と文章を続けると、より理解が深まります。

いわゆるPREP法(プレップ法)とよばれる書き方で、誰でも読みやすい文章を書くことができます。

そのPREP法がこちらです。

POINT(導入結論):○○に関しての結論は○○
REASON(理由):なぜならば○○だから
EXAMPLE(具体例):具体的には○○
POINT(最終結論):よって○○の結論は○○となる

引用: 読みやすい文章を書くための技法

「結論→理由→例→結論」の流れで文章を書くことで、読むストレスを減らすことができます。

客観的な文章で言い切る

主観的な表現で書かれた情報は「信ぴょう性が薄い」と判断されやすく、読者が答えを得ることができないまま読むことを止めてしまう可能性を高めます。

特にインターネットで検索するユーザーは情報を信用していないため、主観的な文章の多い記事からは離脱する傾向にあります。

だから、文章は客観的に書く必要があるのです。

「~と思います」といった主観的な表現は曖昧さを残してしまい、読者に不安を与えてしまう原因となります。

判断ができないことは無理に書かずに、文章はできるだけ言い切るようにしましょう。

改行を入れる

改行が入っていない文章は、読みにくい文章となります。

「一文を短く書く」と同様に、いくら有益な情報を書いたとしても、改行の入っていない文章は情報を上手く分けることができません。

文章作成を行う際は、「意味のまとまり」ごとで改行を入れるようにしましょう。

PREP法はWebライティングでも通用する

モバイルユーザーに特化したライティングを行うWebライティングでは、ユーザーの検索意図をスピーディーに解決する技術が求められます。

結論ファーストの文章を実現する「PREP法の書き方」に慣れることで、Webライターとしてもステップアップすることが可能です。

>【短期集中】SEOが学べる添削講座:近日公開

【短期集中】SEOが学べる添削講座:近日公開