【注目キーワード】テストライティング

クラウドソーシングのテストライティングとは?Webライティングを続けて分かったこと

クラウドソーシングで初めてWebライティングの仕事を受注する場合、誰しも出会ってしまうのが「テストライティング」です。「稼ぐために受注するのにテスト記事を書かされるのか・・・」と落ち込んだ人も多いのではないでしょうか。

重い腰を上げて一生懸命書いたのに「この度ご提出頂いた記事は弊社のライティング基準を満たしていないため・・・」といった不合格通知をもらうこともしばしば。「頑張っているのに報われない」そう感じている人も多いことでしょう。

今回はクラウドソーシングでWebライティングの案件をもらう際に避けることのできないテストライティングについて、その目的と攻略法を書いてみました。

Webライティングを続けて約2年程、続けてみて分かったこと・傾向をお伝えできれば幸いです。


💡攻略ポイントをサクッと解説💡

・テストライティングを通過するには「Webライティングの書き方を知ること」「文章力を高めること」の2つが重要です。そのためには「推敲」に力を入れる必要があります。推敲支援ツール「文賢」、Webライティングの型「PREP法」については下記で紹介しています。

【文賢】公式サイトへ

関連:文章力を向上させる簡単な方法とは?読みやすい文章に共通する特徴を紹介


    テストライティングとは?

    「そもそもテストライティングとは?」と思っている人もいると思いますので、まずはその説明からいきましょう。

    受注者の記事作成能力を測るためのテスト

    テストライティングは、クラウドソーシングにおける「発注側がライターの記事作成能力を知るためのテスト」といえます。

    クラウドソーシングにおけるテストライティングでは、単に文章が書けるかということだけでなく、Webライティングを意識したライティングが出来ているかが審査されます。

    Webライティングでは「論理的な文章」が好まれるほか、「結論を先に書く」ライティングが求められるため、テストライティング執筆時には注意しておきたいところです。

    最初は「不合格」が当たり前

    これがWebライティング初心者が挫折してしまう大きな要因の1つではないでしょうか。始めの頃はテストライティングは「不合格」が当たり前です。

    なぜなら、書き方を知らないから。当然ですね。どれだけキャリアがあったとしても、Webライティングの書き方を取得しない限りは合格は見込めません。

    反対にキャリアが無くてもWebライティングの書き方を学べば、「1文字1円→3円」の仕事を受注することも夢ではありません。

    「3000文字」の記事を書いたならば「9000円」の報酬になるということです。ここまでくるとフリーのWebライターとしての生き方が現実的になってきます。

    ネットリサーチや書籍などで「SEO」「コンテンツマーケティング」などと検索し、徐々にWebライティングの知識を増やしていきましょう。

    信頼関係を築くための一歩

    Webライティング初心者が勘違いしがちなのが、テストライティングを「報酬」で差別化してしまうことです。

    もちろん、同じ文字数を書いて多く報酬をもらえるに越したことはありませんが、テストライティングを受ける本来の目的を見失わないようにしましょう。

    Webライティングもリアルと同じ、相手との信頼関係の上で成り立つ仕事に変わりありません。信頼できる発注者を見つけたら「たとえテストライティング報酬が安くても」チャレンジしてみましょう。

    「信頼できる発注者を見定めるコツ」については別の記事で紹介していきます。

    テストライティングの相場は?

    Webライティングを始めたばかりの人にとって、テストライティングはモチベーションが下がる障害の1つです。とはいえ、テストライティングをパスしない限りは「本案件」へとたどり着けません。

    まずは焦ることなく、テストライティングの相場を知るところから始めましょう。

    文字単価1円以下がほとんど

    主要クラウドソーシングサイト(「クラウドワークス」「ランサーズ」など)のテストライティングの相場は文字単価1円以下であることが一般的です。

    文字単価1円以下ということは、「3000文字」の文章を書いて報酬が「3000円以下」ということになります。記事作成にかかる時間はもちろんのこと、リサーチに割く時間を考えると継続受注は厳しい文字単価といえます。

    しかしそこはテストライティングと割り切る勇気も必要でしょう。あくまでテストライティングは本案件の前準備。自分を奮い立たせて挑むべき「チャンス」と捉えましょう。

    文字単価1円以上の案件にもチャレンジしてみよう

    ほとんどの案件のテストライティングが1円以下の文字単価であるなか、2円や3円といった文字単価を設定している案件があります。

    そうした案件は「専門性が問われる」案件であることが多く、比較的文字単価が高めに発注されている「金融系」や「WEB開発系」です。

    そのほかにも様々なジャンルの案件がありますが、Webライティング初心者だからといって臆することはありません。自身がこれまで培ってきた知識やスキルを生かせそうな案件があれば思い切って挑戦してみましょう。

    チャンスは思わぬところに転がっているものです。たとえ知らないジャンルでも「調査中心」の記事作成であればチャンスがあります。

    テストライティングだからこそ全力を尽くす

    Webライティングにおけるテストライティングについて、ある程度は知ることが出来たのではないでしょうか。

    文字単価1円以下の現実は少々ショックかもしれませんが、何事も積み重ねが重要です。クラウドソーシングとはいえ、サイト内には「評価」という形であなたの職歴が残ってしまいます。

    一度の失敗を後々に引きずってしまわないためにも、仕事を受ける人間としての最低限のマナーは意識しておきましょう。

    テストライティングを途中で止めたい時には

    「テストライティングに応募していざ書き始めたけれど、やっぱり止めようかな・・・」と、始めたばかりの頃は思ってしまうかもしれません。

    そんな時は勇気をもって発注者に「テストライティング辞退」の旨を伝えましょう。状況によってはやむを得ない場合もありますし、モチベーションが下がったまま作成した文章は本来の実力を発揮できません。

    相手のため、また今後のWebライティングのためにも連絡・相談は必ず行いましょう。

    Webライティングを始めて1年が過ぎた今でも、テストライティングのモチベーションは続かないことがあります。そんな時はWebライティングを始めた「きっかけ」や「目的」を再確認して、頑張る原動力にしています。

    テストライティングを受けずにパスする方法

    Webライティングを始めたばかりの人でも、過去に書いた制作物(ポートフォリオ)を持っている場合は思い切って提出してみましょう。制作物の出来次第では「テストライティング免除」の待遇もあるかもしれません。

    発注者がテストライティングを実施するのは、多くの場合「ライティングの品質が基準を満たしているかどうか」をチェックするためです。既に作成している成果物で、自信を持って提出できる記事があれば思い切って出してみるのも1つの解決策といえます。

    まとめ|より良い文章は「推敲」で決まる

    クラウドソーシングで案件を受注する際、避けては通れないテストライティングは正直面倒に感じる人も多いことでしょう。しかし、成果物の内容次第で今後の本発注が決まるテストライティングだからこそ、常に全力で臨まなければなりません。手抜きのライティングで本発注が決まることは滅多にないと思ってください。

    とはいえ執筆に費やせる時間にも限りがあり、なるべく効率的にテストライティングを通過して本発注にこぎつけたいと感じる人がほとんとではないでしょうか。そんな方におすすめなのが文章作成アドバイスツール【文賢】です。

    文賢には大きく分けて「推敲支援」「校閲支援」の2つの機能が搭載されており、Webライティング初心者は特に「推敲支援」のアドバイスを参考にすると、Webライティングに適した文章が作成できるようになります。冒頭で「テストライティングで不合格になるのは書き方が分からないから」とお伝えしましたが、文賢を導入すれば客観的に自分の文章をチェックしてもらうことが可能なため、着実にWebライティングに適した文章へと成長できます。

    文賢は初回のみライセンス取得費11,880円(税込)が発生しますが、以降は月額2,178 円(税込)で利用できるため、Webライティングのスクールや教材は高くて手が出せない…という人にもおすすめです。

    ライティングの品質が底上げされ、実績が増えてくると、ポートフォリオを発注者に提出することで、テストライティングが免除されることもあります。テストライティング免除が当たり前になり、そのまま本発注が決まるようなライターへと成長できることを目標に、お得に利用できるツールは活用していきましょう。

    【短期集中】SEOが学べる添削講座:近日公開